コミュニティ通訳者としての倫理: 多文化共生社会の橋渡し

2019年9月18日(水)
在留外国人の数が過去最高を更新し続けるなか、「コミュニティ通訳」に対するニーズが高まってきています。Our Foreign Neighbors We Care は、コミュニティ通訳研究の第一人者、東京外国語大学の内藤稔先生を講師としてお迎えします。

この講座では、「多文化コミュニティにおける通訳の役割と求められる資質」について、コミュニティ通訳を取り巻く環境を概観し、分かり易く講義をして頂きます。とりわけ、今後コミュニティ通訳の現場において、特に重要な要素となってくる守秘義務を含む「倫理」に光をあてる内容です。具体的な対応事例をもとに留意すべき事柄を、ワークショップ形式で疑似体験しながら、理解を深めます。

外国人の定住化に伴い、地域での暮らしや職場の場面で、外国人が抱える問題は、多様化、複雑化しています。その中にあって、コミュニティ通訳は地域社会に暮らす外国人の「生命」、「人生」に大きくかかわってきます。通訳ボランティアから一歩踏み込んで「コミュニティ通訳者」、専門職としてどうあるべきか、この研修で学んで頂きたいと思います。

講師:内藤稔 氏
東京外国語大学大学院総合国際学研究院准教授。日本経済新聞社編集局記者、大手外資系企業での社内通翻訳者などを経て、現職。東京外国語大学多言語多文化共生センター副センター長。日本通訳翻訳学会副会長。主な著書に『コミュニティ通訳 多文化共生社会のコミュニケーション』(共著、みすず書房)。

開催日:2019年9月18日(水)
時 間:18:30~20:30 
受 付:18:00~18:30

会 場:東京ボランティア市民活動センター会議室
〒162-0823東京都新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ10階
アクセス: https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html

参加費:3,000円(Our Foreign Neighbors We Care会員の方、及び学生は半額1,500円)

申込方法: 参加希望の方はメールで下記メールアドレス宛に【2019年9月15日正午】までにお申し込みください。学生割引をご希望の方は、メールに明記し当日は学生証をご持参ください。

キャンセルの場合は、同メールアドレスに【当日正午】までにご連絡ください。また、遅刻の場合もメールでご一報ください。apply@wecare-ofn.org

English