医療通訳と相談通訳の現場から こんな時はどうしたら?

2019年10月8日(水)Our Foreign Neighbors We Care は医療の現場で、相談の現場で通訳として働く実務専門家をお招きし、ワークショップを開催します。

医療通訳や相談通訳を必要とする現場の様子を、長年医療および相談通訳として、現場で通訳の仕事に携わっていらっしゃる、講師の三木紅虹氏にお話していただきます。 通訳者が携わる現場では、相談者と相談員 の異なる文化的背景と言語は、どのようにコミュニケーションが展開するのでしょう?通訳者はどのように知識と技術を駆使するのでしょうか?

その後、現場で困ったことや大変だったケースが紹介されます。それらのケースをグループに分かれ、自分ならどう対応するか、どう対応すべきかを話し合って思考を深めていきます。想定できるケースかもしれませんし、難解なケースもあるかもしれません。 グループ討議のまとめは発表し合い、講師からコメントを頂戴します。 専門性が求められる、医療通訳と相談通訳の現状を知り、理解を深める好機となるに違いありません。

講師:三木紅虹 氏

中国の北京大学口腔医学院卒業。東京医科歯科大学大学院修了。
中国で歯科医として勤務後、2003年から横浜に戻り、在住外国人の相談や医療通訳のボランティア活動に携わっている。現在MICかながわの登録医療通訳、RASCコミュニティティ通訳支援センター副代表、多文化共生社会専門職機構理事などを務める。

開催日:2019年10月8日(火)
時 間:18:30~20:30 
受 付:18:00~18:30

会 場:東京ボランティア市民活動センター会議室
〒162-0823東京都新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ10階
アクセス: https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html

参加費:3,000円(Our Foreign Neighbors We Care会員の方、及び学生は半額1,500円)

申込方法: 参加希望の方はメールで下記メールアドレス宛に【2019年10月7日(月)正午】までにお申し込みください。学生割引をご希望の方は、メールに明記し当日は学生証をご持参ください。

キャンセルの場合は、同メールアドレスに【当日正午】までにご連絡ください。また、遅刻の場合もメールでご一報ください。apply@wecare-ofn.org